NFK総会(2001年)


NFK総会(2001年)

日 時平成13年4月14日(土)15時〜
場 所北九州市小倉北区AIMビル2F「トレジャーコースト」
出演者中原、香山、有元、成相、竹若、藤田
曲 目ラ・サヤ、エスペランサス、大地のリズム
ボリビアニータ、コンドルは飛んでいく(クリスティーナとウーゴバージョン)、ハチャウル
コンドルは飛んでいく(ケーナバージョン)、マリーポーサ

私たちSAMAYは、NFK(ネットワーカーズフォーラム北九州)メーリングリスト のメンバーです。99年忘年会の余興としてSAMAYがデビューして以来、同会の 二大行事「総会」と「忘年会」には必ず出演させて貰っています。 今年の総会は土谷さん等「チョーローズ」の皆さんが幹事で、小倉のAIMビル 「トレジャーコースト」で開催されました。 一般のお客さんの前で演奏するのと違って、聴衆はいわば身内のようなもの、何を演奏 しても暖かく聞いて貰えます。ですから総会では、日頃あまりやらない曲や、新しく練 習した曲を試しに披露しました。

中でも「大地のリズム」は有元氏のオリジナルで、サヤ(カポラル)というリズムに 日本語の歌詞が付いた珍しい曲でした。原曲は有元氏の頭の中にしかないので、練習で はイメージの伝達が難しく苦労しました。「コンドルは飛んでいく(クリスティーナと ウーゴバージョン)」は竹若さんのお気に入りの曲で、竹若さん自らクリスティーナの パートであるメインボーカルを熱唱しました。

  そして、「コンドルは飛んでいく(ケーナバージョン)」、「エスペランサス」など は、以後のステージでも十分使えるほど、完成度の高い出来だったと思います。 また、試しに演奏してみた「ラ・サヤ」は、やはり無伴奏のコーラスが難しく、練習 では出来ても、本番ではうまくいきませんでした。

このように日頃は演奏しにくい曲を思い切って披露できるNFKのステージは、とて も貴重な機会だと思います。しかし、NFKに所属しているミュージシャンは私たちだ けではありませんし、さらにNFKは音楽だけの集団ではない訳ですから、あまり毎回 SAMAYが登場しては、うんざりする人も居られると思うので、これからは年に一回 くらい出演させていただこうかと思っています(出演させて貰えるだけでもありがたい のに、ずいぶんと生意気なことを言い、申し訳ないです)。