2002年わっしょい百万夏祭り
マヤ前ミニミニライブ


SAMAYマヤ前ミニミニライブ

2002年わっしょい百万夏祭り「マヤ前ミニミニライブ」
日 時平成14年8月3日(土)〜4日(日)
場 所小倉京町銀店街「カフェレストラン・マヤ」前
出演者なかはら、ゆみか、成相、竹若、りょう、山内
共演者:あきこ姫様、謎の園児様、きょんきょん様、みかん様、YO様
曲 目 3日(土):いろいろとりまぜ3ステージ
4日(日):いろいろとりまぜ2ステージ

小倉京町銀店街「カフェレストラン・マヤ」前は、昨年11月に街頭ライブ を行った思い出の場所である。今年、わっしょい百万夏祭りアーティストフェスティバルが 一グループ一日一回15分という、大幅な出演時間の短縮を行ったので、わっしょいの15分 の為だけに一日を費やすのは、ちょっと勿体無いということで、マヤのマスターに頼んで ここでライブをさせて貰うことになった。

昨年もそうであったが、さすがは「カフェレストラン」の入り口、自然の木が一本生えていて、 西欧風アンティーク街灯が立ち、小奇麗でちょっと洒落た雰囲気がある。今年はさらに、この 木に鳥が巣を作っており、その巣から落っこちたヒナが、実際の巣よりは少し低い位置に架け られているマスター手製の巣箱に住んでいた。このヒナが演奏中にしばしば飛び降りてきてそ こいら中歩き回る為、そのたびに捕まえて巣箱に戻さなくてはならなかった。ヒナを捕まえる 一部始終を、親鳥がアーケードの天井から心配そうに監視していた。

屋外は連日の真夏日であったが、アーケードを渡る風は適度に涼しくて、立って演奏を聴いて いても外の暑さはさほど気にならないくらいの程良い環境であった。 今回はPAを使わないで生音のみの演奏であったが、アーケードに適度に音が響き、お客様と の距離も短くて、結構アットホームな感じのライブが出来たと思う。


SAMAY里帰りのあきこ姫と共演

本当にいろんなお客様に来ていただき、ありがとうございました。
畑間のおじ様・おば様、きょんきょんさん、YOさん、みかんさん等SISAYファンの皆様。 重森さん、ギターの先生をはじめグルーポ「アマドナス」の方々。謎の園児君ご一家。大分からは あきこ姫と若様。管楽器製作家の三浦さん、nfkからは、「ごんぎつね」さん(写真を沢山撮って いただき、ありがとうございました)、「食べもんや久津の葉」の大島さん(生ビールご馳走 様でした)、そして、マヤ向かいのかばん屋さん、電気屋さん、ヘアサロンさん、わざわざライブを聴きに 出て来ていただき、ありがとうございました。


フォルクローレ天才少年!、謎の園児君と共演

また、通りすがりの方々。
何度もマヤ前に来てくれたおじ様、時のたつのを忘れ、 いつまでもじっと聴き入って下さったおじ様おば様たち、自転車を止めて聴いてくれた方、 ベビーカーの赤ちゃんにしきりに話 しかけながら楽しそうに聴いてくれた若いお母さん、賑やかしくはしゃいで聴いてくれた 大学生達、私の吹くケーナに拍手をしてくれた浴衣の女子中学生達、そして子供達、 皆さん本当にありがとうございました。

また、アーティストフェスティバルを見てマヤまで尋ねて来てくれたアフリカ人パーカッション プレーヤー「LABA」さん、ありがとうございました。
Dear Mr.LABA
Thank you for your visiting us at ”Wassyoi Hyakuman Summer Festival”. We enjoyed conversation with you. We hope you to play with us with your real African rhythm  percussions.I hope the dream come true.
                                          T.Nariai.SAMAY

さらに、いつもSAMAYのマネージャー役をして下さいますNFKの理恵さん、 そして、今回のライブの為に場所を提供して下さった上に、機材の保管、休憩所から冷たいお茶まで、 ありとあらゆる事でお世話いただいた、カフェレストラン・マヤのご主人様及び女将様、 本当にお世話になりました。ありがとうございました。今後ともSAMAYを宜しくお願いします。