北小倉市民福祉センター文化祭


北小倉市民福祉センター文化祭

北小倉市民福祉センター文化祭
日 時平成14年11月23日(土)
場 所北小倉市民福祉センター 小倉北区中井1丁目10−1
出 演なかはら、ゆみか、成相、りょう、山内、重森
曲 目エスペランサス、花祭り、砂の城、ヌカ・リャフタ、クシ・サンファニート、エル・サリリ

北小倉市民福祉センターは今年4月にオープンしたばかりの新しい 市民福祉センターで、現在SAMAYはここを拠点として定期的に 練習させてもらっています。 それ以前は主に、八幡西市民センターや八幡東中央公民館、沢見公民館 などをそのつど予約して使わせてもらっていましたが、たまたま今年の 「わっしょい百万夏祭り」でのSAMAYの演奏をセンター職員の方が 見て下さり、練習場所にセンターを使ってはいかが?というありがたい 申し出を頂戴しましたので「渡りに船」とばかり9月から毎週土曜日に 使わせてもらっています。


北小倉市民福祉センター

その北小倉市民福祉センターの初めての文化祭が22日(金)及び23日(土) の両日で開催されましたので、我々SAMAYも23日の午前中に30分ほど 時間をもらって講堂ステージにて演奏させていただきました。 講堂では他にも合唱やカラオケ、大正琴、ダンス、劇、大道芸等々楽しい催し物 が沢山で、とても賑やかなステージでした。 講堂の外では手芸や絵画等の作品展示・即売やバザーなどがあっており、 たこ焼き、プリン、ぜんざい、おでんなど美味しいものも沢山ありました。

SAMAYのメンバーは、コール・フェスタの発表会を目前にして忙しい竹若さんに 代わって、今回もグルーポ「アマドナス」から重森さんに応援していただきました。 久しぶりにSAMAYをご覧になったNFKのTさんは「ずいぶんメンバーが代わったね」 と言っておられたそうで、マネージャーの理恵さんが上手くいきさつを説明してくれた ようです。

生きの良い
りょうさん
ビューティー
ゆみかしゃん
円熟の音色
なかはら師匠
アマドナスから
重森さん
せぎた・かまさ?
ハード・ボイルド
違いのわかる男

今回のPAは、SAMAYミキサーからアウトプットを講堂ステージ のマイク端子に繋ぎ、講堂のスピーカーを鳴らすという計画でしたが、 リハーサルがなく、うまく行ったかどうかいささか不安でしたが、 理恵さんの感想では概ね良かったようです。また、PAを使う時はいつも そうなのですが、セッティングに時間がかかりました。お客さんを待たせている 間に、なかはらさんが客席に降りて楽器紹介をしました。地域の皆さんへの 気配りとしては、なかなか上出来だったと思います。

また、今回は幸運にも聴衆の方々が非常に協力的で、手拍子を打って盛り上げて 下さいましたが、曲目の中でサンファニートが二曲続くところが有って (ヌカ・リャフタ〜クシ・サンファニート)、どちらも良い曲なのですが、 同じリズムが延々続くことになり、飽きてしまわれた方もおられたとか聞きました。 今後は同じリズムの曲が続かないように曲順を十分吟味したいと思います。


会場風景

まあ、反省材料は幾らか有ったものの、 今回の演奏はおおむね好評だったようで、後片付けをして外に出ると沢山の方々から 声をかけてくださいました。中には駐車場へ向かう道まで追いかけてきて、 土曜日の練習を見に行っても良いですか?と熱心に尋ねて下さったご婦人もおられて、 「どうぞ、いらしてください」とお答えしました。 館長さんからも職員さんからも労いの言葉をいただきました。 SAMAYもここを「ホームグラウンド」として使わせていただいているので、 地域の方々へのご挨拶が出来た良い機会だったと思います。