博多文化体験塾「博多百年蔵・石蔵酒造」


博多文化体験塾「博多百年蔵・石蔵酒造」

博多文化体験塾「博多百年蔵・石蔵酒造」
日 時平成16年11月27日(土)
場 所
博多百年蔵・石蔵酒造
福岡市博多区堅粕1-30-1
SAMAYなかはら、ゆみか、りょう、重森、山内、市川、成相
曲 目
(SAMAY)
クシ・サンファニート、素焼きの瓶、リャキ・ルナ、 エスペランサス、花祭り
写 真吉永さん(ありがとうございました。)

11月26日(金)から28日(日)までの3日間、博多百年蔵・石蔵酒造を会場として、 第1回目の「博多文化体験塾」が開催されました。 この博多文化体験塾は、古くからの博多の芸能や工芸を一同に会して、 県内外のお客様に広く博多の良さを感じて貰いたい、 そして、次の世代へ博多の良さを継承して行って欲しい、という目的で 開催されたもので、言わば、博多伝統文化復興活動の一つとして企画された新しいイベント なのであります。

博多文化体験塾の大道芸や各種展示即売で賑わう石蔵酒造の中庭。
レトロな良い雰囲気、昔ながらの酒蔵をイベントホールとして利用。

イベントは、大きく分けて「伝統工芸」及び「芸能」の2つの部門に分かれていました。 まず伝統工芸の部では、博多伝統職の会による博多曲物、博多鋏、博多独楽、マルティグラス、博多張子、筑前博多矢、博多人形 など、日頃見る機会の少ない伝統工芸品の数々が展示され、即売も行われていました。 また実演コーナーでは、伝統工芸師による博多曲物、博多独楽、博多張子、博多人形 などの作成における匠の技を間近で見ることができました。 さらに希望者は体験コーナーにて博多独楽、博多張子、博多人形などの作成を実際に体験をしてみることも可能でした。

りょう、ゆみか、なかはら
成相、重森、市川、山内

芸能の部では、博多古謡「那能津会」や、 筑紫珠楽・筑紫寿楽両氏による福岡県無形文化財「筑前博多独楽」をメインイベントとして、 他にも日舞や民謡、シャンソン、そして我々SAMAYのフォルクローレも共演させていただきました。 また百年蔵ギャラリーにおいて書画展示会や、勿論、博多百年蔵自慢の地酒も楽しむことができました。 今後、このイベントを「秋のどんたく」として定着させていきたいというのが主催者側の希望のようです。

とても良い雰囲気の酒蔵ホールのステージ

酒蔵のホールは、かなり古い建物のようでしたが、とても素敵な雰囲気の良いホールに改造されており、 音響的にもしっとりと落ち着いた良い感じでした。「PA無しの生でも良いでしょうね」と、芸能担当スタッフの方とお話ししました。 今回お声をかけていただきましたイベント企画「イニミニマニモ」様、素晴らしいイベントに参加させていただき、 ありがとうございました。私達の方こそ、古き良き博多の人情に触れ、心から癒される思いがしました。有意義な時間でした。 また機会がありましたら、お声をかけていただきますよう、お願い申し上げます。