佐賀県三養基郡みやき町
"ボンネットバス"SAMAYコンサート


佐賀県三養基郡みやき町"ボンネットバス"SAMAYコンサート

佐賀県三養基郡みやき町"ボンネットバス"SAMAYコンサート
日 時平成17年 4月23日(土)
場 所
佐賀県三養基郡みやき町
"ボンネットバス"
SAMAYなかはら、ゆみか、重森、市川、成相
第一部エスペランサス、砂の城、素焼きの瓶、レイナ・イ・セニョーラ
コンドルは飛んで行く、リンダ・ベリャ、マラクンの子供達
カル・カルンマン、ア・ミ・リンド・エクアドル、花祭り
第二部花祭り、フヤニマリ、プリマベーラ、夏のタキラリ
イマンタタ、コンドルは飛んで行く、ヌカ・リャフタ、リャキ・ルナ
マリーポーサ、エル・サリリ
写 真ボンネットバス・北山様(ありがとうございました)

今回は、佐賀県三養基郡みやき町の"ボンネットバス"という所から、お声をかけていただきました。 ありがとうございました。 ここは、広々としたのどかな田園地帯の中にポツンと集落がある、そんな場所にあって、周囲の家は農家のたたずまい で、所々に納屋や小川や鎮守の森があり、牛や鶏の声が聞こえる、なんだかとても羨ましい環境なのであります。 ここ”ボンネットバス”という施設は、廃業した工場の建物を再利用して、みやき町の人々の憩いの場として作られた 多目的広場なのだそうで、各種イベントや料理教室などのカルチャースクール、サークル活動、親睦活動などに使って行く 予定だそうです。

南米アンデス地方各国の国旗をバックに演奏。

第一部のお客様は、主にデイケアのご老人たちでした。 「ご老人」とは言っても皆さんお元気な方たちばかりで、歩行等には若干の介助の要る方もおられましたが、 皆さん、手拍子してくださったり、笑ってくださったりして、十分にコンサートを楽しんでいただけたと思います。 コンサートの後も握手をして下さったり、販売コーナーのアンデスグッズを買っていただいた方もおられました。 また、大勢来て頂いていた介護の方たちも熱心に聴いてくださり、なんだか意外と熱気あふれるコンサートに なりました。のんびりとした自然の環境の中で暮らしておられるのと、こんなに大勢の介護の方々に見守られて、 ここのご老人達は、街の中に居るご老人よりも、ひときわ明るく、楽しい人ばかりでした。羨ましい老後ですね。

”ボンネットバス”ご常連の方々と一緒に記念撮影。

第二部のお客様は、年齢層が少し若くなって、働き盛りの方々でした。 開始時刻がちょうど夕方にさしかかっていたので、お酒が振舞われ、美味しそうなおつまみも沢山配られて、 皆、ほろ酔い気分で聞いていただいていました。中でも、見た目は外人さんのようでしたが、バリバリの地方言葉を 話される中年男性の方が、そのご一家と、お友達のアフロ系の外人さんを連れて、ステージのまん前で見てくださいました。 十分お酒も入り、流暢過ぎるくらい見事な佐賀弁でステージの我々と一体になって楽しんで貰えました。この方は確かローカルの TVなどにも出演されているタレントの方だと思います。会場の皆さんとは十分顔見知りのようで、だれかれとなく 気軽に話されていました。その他のお客様も皆さんの互いに顔見知りの方が殆どのようで、演奏の合間には楽しそうな会話が 盛り上がっていました。

なんだか故郷に里帰りしたような、そんな懐かしい雰囲気の中で演奏させていただきました。 そう言えば、こうやって近所の人達が集まって酒を飲みながら楽しむなんてことは、今は都市部には無くなったですよね。 そんな場所を提供するために作られた”ボンネットバス”は、文字通り、所々の停留所に止まっては人を乗せて動き出す 田舎のおんぼろバスのように、人々の心に無くてはならない「懐かしい何か」を提供してくれる貴重な場所であると思いました。 我々SAMAYにお声をかけていただきました”ボンネットバス”の北山様、楽しいひと時をありがとうございました。 また、何か機会がありましたら、お声をかけていただきますよう、宜しくお願い申し上げます。