”PROYECCION PHAXSI 2005”
博多どんたくアンデス村祭音楽隊


博多どんたくアンデス村祭音楽隊2005

”PROYECCION PHAXSI 2005”博多どんたくアンデス村祭音楽隊
日 時平成17年 5月 4日(水祝) 夕刻
場 所
福岡市中央区明治通り
「中州」→「天神」
SAMAYゆみか、山内、市川、成相
曲 目チュントゥンキ、ワカワカ

今年で3回目となり、すっかり恒例となりました 博多どんたく港祭の「アンデス村祭音楽隊”PROYECCION PHAXSI”」であります。 「どんたくは雨」と言われるくらい、毎年雨の日が多いこの季節なのですが、 今年は5月に入って天気の良い日が続き、前日の北九州市でのSAMAYコンサートも絶好の日本晴れでした。 そして本日も昨年の大雨が嘘のような日本晴れで、もうすでに初夏の気候のようでした。 これもひとえにキャプテンがゆうちゃんと手を繋いで「はれはれ踊り」を踊ってくれたおかげなのでした。

宮崎から「ゆうじ(ゆうちゃんの弟)君」と、福井から五郎八さん。
山口から田中さんご夫妻
宗像市から「もじゃっこ」の皆さん
長崎から「ロス・エッパカーニス」の皆さん。
大阪から鈴木さんご夫妻。
北九州市から「グルーポ・タキ」の皆さん。
野村さんと板倉さん。
大阪から「Shige」さん、ボリビア・マンマのチャランギスタ君。
五郎八さんとゆみかさん。
ひろ君のお母さんとキャプテン。
誰?、この人は?(中野さん)
熊本から与田さん。
SAMAYのベーシスト山内氏。
りょうさんと愛子(お、天敵の成相がいるぞ)。やさしく見守る旦那様
福岡市の吉永さん、対馬から中山さん
美女どおしの会話?
いやぁ〜、ゆうちゃんですぅ〜、こんにちは〜、どうも、どうも。

集合場所は、天神中央公園となっていたのですが、 昨年、雨の為にアクロスの入り口付近に集合しましたところ、ここが居心地が良かったせいか、 はたまた、天気が良すぎてお肌の日焼けが心配になったのか、日本晴れの良い天気なのに、 皆昨年同様またアクロスの入り口付近に集合していました。 人出は物凄く多かったのですし、待ち合わせにはかなり良い場所と思われるこのアクロスの入り口付近なの ですが、殆ど我々アンデス村祭音楽隊のメンバーだけで独占していました。 きっと善良な市民は、太鼓を持ってかつらを着けた長崎の方々や、耳隠し帽を被って竹筒を片手で持って 吹いている集団の異様な雰囲気を回避したのでしょうね。

スタート地点の公園で。
キャプテンが担いでいるのは鞭で、音の小さい人をこれで叩く為だそうです。
スタート間近、緊張しているキャプテン。

やはり天気が良いということは、全てが楽ですね。 長いスタート待ちの時間も気持ちの良い夕風に吹かれていると、苦になりません。 スタートまでの一連の手順についても3回目ともなれば手馴れたもので、事前に練習もしていないのに、 当日も15分くらいで練習を終え、あとはどんたくの雰囲気を楽しむという、心の余裕が 出来てきました。キャプテンやゆうちゃんもいちいち指導しなくても我々が動くので、楽だったのではないでしょうか。

さあ、スタート!。前の電気仕掛け大音量集団にひるみながらも、頑張りました。

今年は昨年と比べると、準備の早い段階から、こんな感じでリラックスした無理しない雰囲気が漂っていました から、特にメンバーを勧誘するということはしていないようで、「参加したい人は、参加してください」みたいな、 そんな感じだったと思います。 ですから人数は昨年よりも減りまして、総勢30人位だったと思います。 まず音楽隊の前を行っていた「踊り隊」が消滅しまして、正味の音楽隊だけになって しまいました。でも皆放っておいても自分から参加してくれるような「好き者」ばかりですから、雰囲気は 昨年同様に盛り上がっていたし、演奏のレベルも昨年よりも良くなっていたように感じました。

パレードを終了して公園に戻りました。皆、燃え尽きました。
と思いきや、打ち上げ〜!!、これを楽しみに来たんや〜!、乾杯〜ぃ!。
40肩でパレードを欠席された四辻さんも、打ち上げには合流。
さぁ、楽しみは演奏です。この日のために厳しい練習に耐えて来られたマンマの皆さん。
そして次々に、演奏は続く。
そして次々に、演奏は続く、いつまでも、いつまでも。

いやぁ、打ち上げも大変に盛り上がりました。 今日この日の、この打ち上げのために、厳しい練習に耐えて来られたボリビア・マンマの皆さんを中心に、 いろんな地域のいろんなグループが入り混じって、賑やかな演奏になりました。 これだからフォルクローレは止められませんね。 恒例のアブちゃんのディアブラーダショウは、今年は少し趣向が変わっており、私のような純粋な感受性を持った 人にもショックを与えることなく見ることが出来るように工夫されていました。 おかげで、もじゃっこのお譲ちゃん達も間近で見ることが出来ました。 しかし、いずれにせよ教育上は良くないことは明らかなようです。

記念写真。ぜひ来年もここに集まりたいですね。

本当に楽しかったですねぇ。 天気も良かったし、最高でしたね。電気仕掛けの大音量集団には悩まされましたが、お客さんたちは、 見る人は、ちゃーんと見ていましたよ。 電気仕掛けで騙されるほど今の日本人は単純ではありません。 「暖かい、良い音でした」ある青年は公園まで追いかけてきて、熱く語って行きました。 そう「本物」を感じていただければそれで良いのですよ。基本的なもの、原点に戻るというのが、 これからの日本人の志向なのでしょうね。ということで、今年も大成功!!。キャプテンとゆうちゃんの おかげです。出来れば来年も皆でパレードに参加したいですね。