白石君結婚披露宴


白石君結婚披露宴

白石君結婚披露宴
日 時平成17年 6月19日(日)
場 所
福岡県北九州市小倉北区
東京第一ホテル・香梅の間
SAMAY白石、なかはら、ゆみか、重森、市川、山内、成相
曲 目花祭り、マリーポーサ

SAMAYのメンバーとして平成14年の10月から参加してくれていた白石君が本日結婚式を挙げました。 おめでとうございます。SAMAYの「おめでた関係」では、小迫姫の出産、りょうさんの出産と、 出産は二度続いていましたが、結婚はこれが初めてです。 新婦の直美さんは、新郎とは学生時代からのお付き合いということで、長い年月をかけてついにゴールイン となったわけですが、その間にもSAMAYのコンサートに何度と無く来て頂き、写真を撮って下さったり、差し入れを して下さったりと、私達にまで何かと気を配っていただきました。本当にありがとうございました、そして、おめでとうございます。

披露宴への出演を待つSAMAY。

東京第一ホテルに着くと、9階に我々の控え室がちゃんと用意されていて、 結構見晴らしの良い広い部屋で、綺麗なトイレもすぐ近くにあり、出演までの間も楽しく過ごすことが出来ました。 係りの方に呼ばれて、2階の披露宴会場の横の廊下へ降りて待っていると、そこへ 和装から洋装へのお色直しが済んで、会場に入場する直前の新郎新婦が現れました。 白石君とは久しぶりに会いましたが、お酒も飲んでいなくて、まったくいつもの白石君でした。

新郎新婦、和装から洋装へのお色直し、入場直前にGet!スクープ!。

SAMAYの出演は、和装から洋装へのお色直しが済んで、新郎新婦が入場した後、祝辞を一件いただいて、 その後に演奏、というスケジュールでした。白石君から前もってリクエストを貰っていた 「花祭り」と「マリーポーサ」を演奏しました。 白石君にひとつだけ尋ね忘れたことがあって、それは「新婚旅行は、どこへ行くか」ということでした。 南米ならば、何か質問して来たり、買ってきて欲しい物などを聞いてくれるでしょうから、たぶん 南米ではないと思います。アイリッシュ音楽の郷、イギリス方面でしょうか?、それとも・・・???。

SAMAYの必殺技、新郎巻き込み演奏と、お祝い直渡し。

白石君は、元々アイリッシュ系の演奏や踊りが好きでした。 その後フォルクローレが好きになってからは、ギャラリー・アンデスの教室やSAMAYに積極的に参加され、 我々と一緒に二年以上も活動してきました。今回、結婚されるということで、その準備のためにSAMAYを お休みされるということでしたが、真面目な白石君のことですから、新しい生活が軌道に乗るまでは、 趣味の音楽は控えて、家族のために専念されるだろうと思います。 「健全な家庭造り」ということに関しましては、あまり参考にならない先輩達ばかりですので、無理は言いませんが、 また趣味に時間が使えるようになったらSAMAYに参加して下さい。待っています。